投稿者「admin」のアーカイブ

H29年度定期予防接種&任意予防接種について

川崎市では下記の予防接種(定期予防接種)が公費で受けられます。 (川崎市在住の方のみが対象、役所から予防接種の問診票、等が送られてきます) 完全予約制【窓口予約】とさせて頂きます。 基本的には当院をかかりつけ医として頂いているご家庭の方に限らさせて頂いています。 (当院初診でかつ予防接種のみの受診という方はご遠慮頂きます) ★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡 ≪H29年度 定期予防接種-もぎたて耳鼻咽喉科-≫ 当院で接種可能な定期ワクチンは昨年同様、小児4種類と高齢者1種類です。 ①DT2期(ジフテリア&破傷風)・・・11歳、12歳 …

» 「H29年度定期予防接種&任意予防接種について」の続き

熱予約(熱がある患者さんの電話予約)について変更

熱予約について:熱がある患者さんの電話予約 当院ではインフルエンザなどの感染症の院内感染を防ぐために、①~⑦に該当する患者さんは事前に電話して診察の予約をして頂きます。 連絡なく直接いらした場合は、一度帰宅して頂く場合もありますのでご了承ください。 インフルエンザの流行シーズンと非流行シーズンで対応が異なります。 また熱予約で受診された場合、医師の指名ができませんのでご了承ください。 感染症の主な例 インフルエンザ、おたふくかぜ、溶連菌感染症、咽頭結膜熱などのアデノウイルス感染症、手足口病、ヘルパンギーナ、その他の指定感染症(厚生省) ロタウイルス感染症など嘔吐・下痢が主な症状の場合は小児科・ …

» 「熱予約(熱がある患者さんの電話予約)について変更」の続き

Bスポット療法外来など専門外来を金曜日午後予約制で行います

Bスポット療法外来など専門外来を金曜日午後予約制で行います。 金曜日午後は完全予約制になります。耳鼻咽喉科的な一般診療は行いません。 下記の方が対象になります。診療後もしくは電話でご予約ください。 Bスポット療法希望で初めて受診される方 Bスポット療法をしているが評価のための内視鏡検査を行う方 栄養療法(オーソモレキュラー療法)で初めて受診される方 高濃度ビタミンC点滴などを希望される方 Bスポット療法や栄養療法の適応等についてはトップページをご参照ください。 この予約外来の多くは自費診療になります。

» 「Bスポット療法外来など専門外来を金曜日午後予約制で行います」の続き

神奈川嚥下研究会「嚥下障害診療・在宅での実践~耳鼻咽喉科医の立場から~」

神奈川嚥下研究会で「嚥下障害診療・在宅での実践~耳鼻咽喉科医の立場から~」を講演してきました。 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会の嚥下研究会で講演してきました。 @神奈川県総合医療会館

» 「神奈川嚥下研究会「嚥下障害診療・在宅での実践~耳鼻咽喉科医の立場から~」」の続き

耳鼻科学会川崎医会「耳鼻咽喉科の在宅医療~川崎市5年間のまとめ~」

耳鼻科学会川崎医会で「耳鼻咽喉科の在宅医療~川崎市5年間のまとめ~」を講演してきました。 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会の川崎医会で講演してきました。 @川崎日航ホテル

» 「耳鼻科学会川崎医会「耳鼻咽喉科の在宅医療~川崎市5年間のまとめ~」」の続き

第4回日本病巣疾患研究会で座長をしてきました

第4回日本病巣疾患研究会で座長をしてきました この研究会の会長はIgA腎症の権威である堀田修先生です。 医科歯科連携、病巣疾患の研究発表、Bスポット療法の普及も含まれています。 今回はシンポジウム「耳鼻咽喉科と他科連携」で座長をしてきました。

» 「第4回日本病巣疾患研究会で座長をしてきました」の続き

平成28年度 インフルエンザ予防接種について

平成28年度 インフルエンザ予防接種について ワクチンの種類 A型2種類 と B型2種類の 混合ワクチン【4価ワクチン】 予防接種 ● 大人・・・4,000円【1回接種】 ● 子供(12歳以下)【2回接種】・・・7,000円(2回分)※ ※2回目用のワクチンは、責任もって確保していますので、 キャンセルする際は必ずご連絡ください。 母子手帳への記入をご希望の方は、手帳を受付時に提出してください。 ★接種当日は保護者の同伴が必要です。 ● 川崎市在住で65歳以上の方・・・2,300円(12/31まで) ⇒ご本人様確認のため、保険証を持参してください。 いつから? ⇒10月17日(月)から実施 予 …

» 「平成28年度 インフルエンザ予防接種について」の続き

日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会で演題発表してきました

9月3日に神奈川県総合医療会館で行われた耳鼻科学会の地方部会で「耳鼻咽喉科の在宅医療~川崎市3年間のまとめ~」を発表してきました。 久々の基盤学会発表でした。 往診をする耳鼻咽喉科医は少なく、また多忙なため往診内容などをまとめた発表も少ないです。神奈川県から耳鼻咽喉科医の在宅医療について発信して いきたいと思っています。

» 「日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会で演題発表してきました」の続き