投稿者「admin」のアーカイブ

第12回 日耳鼻神奈川嚥下研究会で講演

第12回 日耳鼻神奈川嚥下研究会で講演してきました。 今年3本目の嚥下障害に関する発表です。 演題名を「川崎市における医科歯科連携の試み」に変えて発表してきました。 耳鼻科医のみの講演会ですので、かなり活発な質疑応答でした。 第12回 日本耳鼻咽喉科学会神奈川嚥下研究会 日時:平成24年6月10日(日)13:15~16:30 場所:神奈川県総合医療会館 1階会議室A・B 対象:耳鼻咽喉科医師 13:00~14:00 座長:大上研二 東海大学耳鼻咽喉科 市中病院における実践的診察法とVF読影法 西山耕一郎 西山耳鼻咽喉科医院 14:05~14:50 座長:小宅大輔 希望ヶ丘耳鼻咽喉科 嚥下障害の …

» 「第12回 日耳鼻神奈川嚥下研究会で講演」の続き

キッズからいただきました~理念の再確認

キッズからいただきました~理念の再確認 自分が小児期に苦しんだアレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、気管支喘息… 都会に生まれていたら、もう少しいい医療が受けれたかもしれない!? と今も思うことがあります。 私が小児期に経験したつらい思いとおなじ思いをさせない…! という気持ちでお子さんには対応しているつもりです。 今後とも私の理念、信念で診療を行っていきたいと思います。 また更なる小児医療の充実にむけて進んでいきたいと思います。 あすかちゃんありがとうねぇ(苗字は念のため消しておきました) キッズからの励ましの手紙はモチベーションが上がります。

» 「キッズからいただきました~理念の再確認」の続き

「耳鼻科医はこう嚥下障害診療をします」川崎市中原市民会館で講演

講演名「耳鼻科医はこう嚥下障害診療をします」 5月26日18時から川崎市中原市民会館で講演をしてきました。 今回は介護職、ケアマネージャー向けの講演です。 座談会形式で、活発な質疑応答がなされました。

» 「「耳鼻科医はこう嚥下障害診療をします」川崎市中原市民会館で講演」の続き

往診の模様…聴力検査について

往診の模様…聴力検査について 往診先で聴力検査をしているところです。 クリニックと同様に検査を行うことができます。 また補聴器のフィッティングについても、補聴器屋さん同席でおこなうことができます。 往診について

» 「往診の模様…聴力検査について」の続き

川崎市外科医会で「嚥下障害」について特別発言

川崎市外科医会で「嚥下障害」について特別発言をしてきました。 【川崎市外科医会学術講演会】 日時:平成24年4月16日(月) 午後7時15分~ 場所:川崎日航ホテル 演題:嚥下性肺炎-嚥下のメカニズムから見た対処法- (1)耳鼻咽喉科医の立場から…西山耳鼻咽喉科医院 西山耕一郎先生 (2)歯科医の立場から…ナガタ歯科医院 吉田直人先生 (3)言語聴覚士の立場から…湘南病院リハビリテーション部 粉川将治先生 (4)特別発言…もぎたて耳鼻咽喉科 茂木立学先生 特別発言として川崎市の現状について発表してきました。 当日は外科医会なのに外科医のみでなく、耳鼻科医、歯科医、介護職など、 多職種から参加さ …

» 「川崎市外科医会で「嚥下障害」について特別発言」の続き

新しい睡眠時無呼吸症候群の検査装置を導入しました。

新しい睡眠時無呼吸症候群の検査装置を導入しました。 睡眠時無呼吸を調べる検査です。携帯用ですので自宅で取り付け可能です。入院の必要はありません。 無呼吸の回数、酸素飽和度、寝ている間の体位が検出できます。 取り付け方法を十分説明した後、ご自宅にお持ち帰り頂いて、3日測定後返却して頂き解析致します。 以前の検査装置と比べて、装着方法が簡単になりました。

» 「新しい睡眠時無呼吸症候群の検査装置を導入しました。」の続き

院内でできる生化学検査

院内でできる生化学検査 今まで院内ですぐわかる検査項目は「白血球、白血球分画、ヘモグロビン、ヘマトクリット、血小板、CRP(炎症反応)」でしたが、これに加えて『GOT、GPT、γ-GTP、T-CHO、GLU、BUN、AMY』が検査できるようになりました。 約7分で検査結果が分かります。 急性化膿性扁桃炎(細菌性)と伝染性単核球症(ウイルス性)で肝機能障害(GOT、GPT)を併発している場合の診断や、唾液腺炎の診断補助になるAMY等がわかる等、疾患の診断効率があがります。

» 「院内でできる生化学検査」の続き