投稿者「admin」のアーカイブ

もぎたて耳鼻咽喉科医療機器説明

医療機器の説明

重心動揺計

重心動揺計

開眼、閉眼1分ずつ検査台に立つことでふらつきの程度を検査することができます。

もぎたて耳鼻咽喉科医療機器説明

医療機器の説明

赤外線CCDカメラ

赤外線CCDカメラ

赤外線CCDカメラの画像

フレンツェル眼鏡を進化させたものです。眼鏡をかけると暗闇にいる状態になり、
フレンツェル眼鏡より更に眼振を検出しやすくなります。
目は拡大され画面に映し出されるため眼振検出が容易になります。

もぎたて耳鼻咽喉科医療機器説明

医療機器の説明

フレンツェル眼鏡

フレンツェル眼鏡

フレンツェル眼鏡

特殊なめがねをかけ、めまいをしているときに見られる眼振(めが勝手に動く現象)を観察します。

もぎたて耳鼻咽喉科医療機器説明

医療機器の説明

もぎたて耳鼻咽喉科医療機器説明

医療機器の説明

インピーダンスオージオメータ

インピーダンスオージオメータ

鼓膜の振動をみる検査です。中耳に水(滲出液)が貯まると正常の波形が出ません。
主に滲出性中耳炎(耳に水がたまる中耳炎)や耳抜き(耳と鼻とをつなぐ管の機能)の程度がわかります。

もぎたて耳鼻咽喉科医療機器説明

医療機器の説明

熱発患者の予約診療について

新型インフルエンザの蔓延しています。今後は季節性インフルエンザの蔓延も予想されます。 そのため今後一時的に、熱のある患者さんのみ予約で診察を行います。 1.熱が37、5℃以上ありインフルエンザを疑う方(熱があまり高くない罹患者もいます)。 2.家族にインフルエンザ患者がいて、ご自身(もしくは家族)がその後熱はなくとも風邪症状がある方。 3.違うと思うがインフルエンザの検査をしたい。 上記に当てはまる患者さんは事前に電話して頂き予約を取ってください。 連絡なく直接いらした場合は一度帰宅して頂く場合がございますので、あらかじめご了承ください。

» 「熱発患者の予約診療について」の続き