医療機器の説明」カテゴリーアーカイブ

もぎたて耳鼻咽喉科医療機器説明

医療機器の説明

アレルギーの検査(イムノキャップラピッド)

アレルギーの検査(イムノキャップラピッド)

イムノキャップラピッド

アレルギーの検査(イムファクト)と同じような簡易な血液検査で、
より多くのアレルゲンの同定ができるようになりました。
結果は「陰性、陽性、強陽性」の3段階で判定します。
検査項目は「ネコ皮屑、ヤケヒョウヒダニ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ、
イヌ皮屑、ゴキブリ、スギ」の8種類のアレルゲンの同定が可能です。

もぎたて耳鼻咽喉科医療機器説明

医療機器の説明

重心動揺計

重心動揺計

開眼、閉眼1分ずつ検査台に立つことでふらつきの程度を検査することができます。

もぎたて耳鼻咽喉科医療機器説明

医療機器の説明

赤外線CCDカメラ

赤外線CCDカメラ

赤外線CCDカメラの画像

フレンツェル眼鏡を進化させたものです。眼鏡をかけると暗闇にいる状態になり、
フレンツェル眼鏡より更に眼振を検出しやすくなります。
目は拡大され画面に映し出されるため眼振検出が容易になります。

もぎたて耳鼻咽喉科医療機器説明

医療機器の説明

フレンツェル眼鏡

フレンツェル眼鏡

フレンツェル眼鏡

特殊なめがねをかけ、めまいをしているときに見られる眼振(めが勝手に動く現象)を観察します。

もぎたて耳鼻咽喉科医療機器説明

医療機器の説明

もぎたて耳鼻咽喉科医療機器説明

医療機器の説明

インピーダンスオージオメータ

インピーダンスオージオメータ

鼓膜の振動をみる検査です。中耳に水(滲出液)が貯まると正常の波形が出ません。
主に滲出性中耳炎(耳に水がたまる中耳炎)や耳抜き(耳と鼻とをつなぐ管の機能)の程度がわかります。

もぎたて耳鼻咽喉科医療機器説明

医療機器の説明